名古屋(栄・名駅)の美容院・美容室e.m.a【イーエムエー】

ema

BLOG

2018.12.01

Ar and e.m.aアイテムメイク美容情報

アイブロウはペンシル派?マスカラ派?リキッド派?

 

 

こんにちは!名古屋市栄の美容院

Ar and e.m.a店長の梅原です。

 

 

今日は眉毛のお話です。

 

女性のメイクアップのお悩みで最も困ってることが多いのが「アイブロウ」。

 

顔の印象を大きく左右する眉毛。

メイクをする際も、「眉」は綺麗に描くのが難しいパーツの1つではないでしょうか。

私自身もメイクで一番欠かせないのが眉ですが、一番難しいのも眉毛です。

 

 

アイブロウマスカラ

 

毛一本一本をコーティングするアイブロウマスカラは、毛量の多い人にオススメ。ヘアカラーに合わせて色をチョイスする事で、肌馴染みもグッとよくなります。

 

 

リキッド

 

リキッドタイプのアイブロウツール。毛先が筆タイプなので、自然に毛量を書き足せるのが◎。まるでそこに毛が生えているかのような自然な仕上がり。ナチュラル派にオススメ。

 

 

ペンシル

 

ペンシルタイプで、最も身近なツール。描きやすく自然な印象にも。濃さの調節がしやすい。くり出すタイプ、削るタイプがあり昔からプロ愛用なのは削るタイプ。最近はくり出すタイプが多数メーカーから出ています。その中でも、固すぎず柔らかすぎないタイプがベター。

 

 

ウダー

 

地肌と毛を同系色に調節しやすいパウダータイプ。パウダー単品だとラインがはっきりしない為、他のツールと組み合わせて使用することが多い。産毛を生やすような自然な質感がコントロールできます。

 

 

お顔の額縁とも言われ、この一箇所で実は好感度が左右されてしまう眉毛。

 

 

シーンに合わせて描き方を変える

 

 

マスカラのみで仕上げる。

 

オフの日は、マスカラのみで仕上げるナチュラルな眉へ。 もともとの毛をコーティングするので、美しい毛並みを維持することが大切。 美容室で定期的な眉カットを。

 

 

パウダー×マスカラで仕上げる。

 

ナチュラルで優しい印象を目指すならアイブロウパウダーで質感を加えてみましょう。べージュやオレンジ、ボルドー(アイシャドウでも可)などヘアカラーに合わせたパウダーをチョイスすることで、ワントーンに仕上がりへアーとのバランスが◎

 

 

リキッド×マスカラで仕上げる。

 

カジュアルにアイブロウを仕上げたい日は、リキッドをチョイス。ツヤのある自然な仕上がりでマスカラとの相性がいいです。

 

 

ペンシル×パウダー×マスカラで仕上げる。

 

トレンドのストレート眉や、お仕事のオンモードの日、パーティーでドレスアップの日には、はっきりとした印象のアイブロウへ。ペンシルで足りない箇所を埋め、パウダーで全体の眉を整え。毛流れを、マスカラで整えたらパーフェクトなアイブロウの完成です!

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

それぞれのツールを使いこなして、ステキなアイブロウを手に入れましょう。

是非、ご自身のメイクの参考にしてみてください。

 

 

 サロンでもメイクアイブロウのご相談などお気軽にスタッフまでお声がけください!

 

 

名古屋市中区栄3-12-19

ご予約はネット・お電話から

web予約

052ー263ー3630

Ar and e.m.a 梅原シズカ

 

 

 

 

Page topへ戻る
電話予約電話予約 ネット予約ネット予約 お問い合わせお問い合わせ