こんにちは。名古屋市、栄の美容室e.m.a premium店 ディレクター松下です。

今日はいつも白髪染めをしている方に向けて

ほんの一手間で雰囲気が変わるハイライトを使ったデザインカラーをご紹介していきます。

ハイライトと言うとちょっと派手なイメージを持たれやすいのですが

入れる太さや本数、色味でコントロールできますし透明感のあるカラーは若々しさにも繋がります。

また、白髪のある方に入れれば上手く白髪をぼかしてくれたりもします。

まずはハイライトを入れるメリットから説明していきましょう

・白髪染めにはない明るさや透明感がでる

・スタイルに立体感が出て若々しくなる

・伸びてきた白髪に馴染みリタッチが気にならない

伸びてきた白髪が目立ちにくいのは特に嬉しいですよね。

ではデメリットも解説していきます。

・使う薬剤によってはダメージがある・退色が早い場合がある

などが挙げられます。

次にハイライトを入れていく上で気をつけるべきことや美容師さんとしっかり

相談した方が良いことをお伝えしていきます。

①なりたいイメージを決める

IMG_1989

まずはハイライトを入れることによってどうなりたいかが大切です。

例えばベースカラーを落ち着かせてハイライトを際立たせればシャープな印象

ベースカラーを明るめにしてハイライトを入れれば柔らかい印象になったりします。

スタイルや髪の状況によっても変わってくるので担当美容師さんにしっかり相談して決めましょう。

②使用する薬剤

ハイライトといえばブリーチを使用することが多くなります。

薬剤も進化していて以前よりブリーチのダメージは格段に少なくなってきています。

pro_03.jpg.download

やる前よりよくなる事はありませんが細かく入れるハイライトならダメージは最小限に抑えられます。

ナチュラルなイメージでしたら明るめのカラー剤で入れることも可能ですが

どうせハイライトを入れるなら変化が欲しい方も多くいらっしゃいます。

髪の状態にもよりますが基本的にはブリーチを使用することをおすすめします。

③髪の状態

上記したようにブリーチをメインで使用する以上ダメージとは

上手く付き合っていかなければいけません。

髪の状態によってはブリーチによるハイライトをオススメしない場合もございます。

・デジタルパーマやストレートパーマを繰り返しかけている

・コテやストレートアイロンによる熱のダメージが蓄積している

・過剰なセニング(すきバサミ)の使用で毛先がスカスカになっている

・枝毛、切れ毛が多くある

以上の方はまずはカットやトリートメントで髪の状態を整えて行くことをオススメしています。

あくまで程度によるので絶対にNGではありませんし普段からお手入れをしっかりされていれば

可能な場合もございますので美容師さんとしっかり相談して決めてください。

いかがでしたでしょうか?

最近はインスタグラムなどでイメージを決めて美容院に行くことが多いと思います。

イメージ通りにいかない場合は髪の状態や美容師さんとのイメージ共有が上手くいってないかもしれません。

しっかり美容師さんと相談して自分にあったデザインカラーを見つけていきましょう。

ディレクター松下裕哉

e.m.a PREMIUM BEAUTY SALON -イーエムエ―プレミアムビューティーサロン- 栄駅《髪質改善・縮毛矯正特化店》愛知県名古屋市東区東桜1-9-26一光パーク栄ビル1F栄駅から徒歩5分

052-954-0369

ご予約はこちら